永遠の幸福マインドで今ココを生きる diary

肉体的せかいのおわりを乗りこえる方法 幸福を科学ではなく実感するチャレンジ イエスをメシアと信じることから始まる平安体験の探求と気づきメモ by Davi Blackstone

生き物と接するのは命がけ?

感染症拡大予防の観点でマスク社会となってきたのは、2020年でした。 ある大臣は、「マスクいつまでやるの?」なんて言っていました。 政府が、マスクや自粛を国民にお願いしているのにね。 その政府の一員である大臣の軽い発言には、違和感を感じた人も…

サバイバルする為の教え 箴言13:14

『知恵のある者のおしえはいのちの泉。これによって、死の罠から逃れることができる。(箴言13:14新改訳2017)』 肉体に宿って生かされている人間の致死率は100%というのが確定している肉体的生命のゴールです。 死亡の確認をできない人の話を聞きますが、…

寒さ、温かさ、尊さ ホイットマン

『寒さにふるえたものほど大陽の温かさを感じる。人生の悩みをくぐったものほど生命の尊さを知る。 ホイットマン』 「北風と大陽」の話を思い出すフレーズですね。 身にしみる寒さを感じさせる役割が北風で、穏やかな温かさで包み込むのが大陽の役割です。 …

適正な免疫を保てるか?

いつの時代にも感染症が出てきます。 この地球という星は、生命を維持できる環境が整えられています。 その中で、様々な菌が菌活をしているという、バックグラウンドがあります。 科学誌などでも紹介される様になりましたから、そのような支えがあって、生命…

本当の唯一の犠牲とは? 1テモテ2:5

『神は唯一であり、神と人との間の仲介者も、人であるキリスト・イエスただおひとりなのです。この方はすべての人の贖いとして御自身を献げられました。これは定められた時になされた証しです。(1テモテ2:5-6新共同訳)』 メシア論のシンプルな説明です。 …

動画 羊の皮を被ったオオカミの様な

www.youtube.com 羊は頑固な一面もあると聞いたことがあります。 また、牧羊犬は羊よりも小さいサイズでも、羊は追われて誘導されるというのが一般的です。 しかし、羊の中にも猛者がいるのだと教えてくれるのが、この動画です。 なんと、牧羊犬と睨み合いを…

嫌だけど一番よい教師 シェイクスピア

『頑固な人には、自ら招いた難儀が一番よい教師になるに決まっています。 シェイクスピア』 自分の人生を、頑固一徹に自分らしく生きていくのもカッコイイですね。 でも、自分はそれほど頑固ではないとか思っていても、周囲からすると頑固認定されていたりし…

良質な睡眠を確保したい

「不眠でカウンセリングを受けたい」とか「心療内科を受診したい」など、不眠が悩み事の大きなテーマになる時代です。 パソコンやスマホなど光る画面を眺める時間が長いと、睡眠の質が下がるのではないかとの指摘もあります。 使い方の工夫で、良質な睡眠に…

財産形成のために 箴言13:11

『急に得た財産は減るが、少しずつ集める者は、それを増す。(箴言13:11新改訳2017)』 多くの人を魅了する財産の増え方に「宝くじ」というものがあります。 これは、第2の税金とも言われています。 それは、当選の金額を大きくしてありますが、その半分以上…

嫉妬はパワーになる ポープ

『卑しい心がその奴隷となって苦しむ嫉妬は、学問もあり、気性のすぐれた者にあっては競争心となる。 ポープ』 嫉妬の気持ちに苦しむ人と、それをパワーに変えられる人の差は歴然です。 嫉妬の奴隷になってしまうと、気持ちをかき乱されて、卑しい心があれば…

結束を得る一つの方法 偽旗作戦とパンデミック

グループの中で、内輪もめが収まらない時、そのグループに対しての部外者からの攻撃が、結束を強めて、内輪もめが収まるというケースがあります。 それは、そのグループの存続が脅かされる状況が起きたので、もめ事よりも、存続の方が重要視されたからですね…

煌びやかさよりも大切な本質 出エジプト20:24-26

『あなたは、わたしのために土の祭壇を造り、焼き尽くす献げ物、和解の献げ物、羊、牛をその上にささげなさい。わたしの名の唱えられるすべての場所において、わたしはあなたに臨み、あなたを祝福する。しかし、もしわたしのために石の祭壇を造るなら、切り…

動画 踊りたくなる様な快感

www.youtube.com シャワーは気持ちの良いものですね。 亀さんのシャワーを見たことがなかったのですが、新鮮な動画でした。 傍から見ると、亀さんの滝行のようにも見えなくはないですね。 それにしても、気持ちが良さそうな、足とシッポの動きです。 亀さん…

犠牲の本質 サンテグジュペリ

『犠牲とは、おまえをなにものからも切断することなく、逆におまえを富ますものだ。 サンテグジュペリ』 いろいろな犠牲が払われて、人間社会が成り立っています。 自分が意識しても、意識しなくても、誰かの犠牲によって、生活をすることができているのが本…

外出、家出、脱走の繰り返し 居場所を求めて

居心地が良くないとの違和感を持つ人が増えている様に感じます。 特に、感染症拡大防止の非常事態宣言が出される様になり、引きこもりに近い状態を窮屈に感じている人も増加していることでしょうね。 自分の自宅なのに居心地が悪いと言うのは、非常に残念で…

外見と実体のギャップ  箴言13:7

『富んでいるふりをして、何も持たない者がいる。貧しいふりをして、多くの財産を持つ者がいる。(箴言13:7新改訳2017)』 周囲を見回してみてください。 自分自身を鏡で見てみるのも良いでしょうね。 どれだけ借金をして散財しても、個人の自由です。それを…

上達への近道は? 千葉周作

『上達に至るに二道あり、理より入るものあり、業より入るものあり、何れより入るも善しといえども、理より入るものは上達早し、業より入るものは上達遅し。 千葉周作』 以前に取り上げた「ガッツはレッドオーシャン」を適確に説明している様なフレーズだと…

人生はコインの裏表、そして、別の一面も

人生には、様々な味わい方があります。 人間は、せっかちですぐに白黒を付けたがりますが、現実はそのようには行きませんね。 よくコインの裏表という例えを用いますが、それだけではないように感じます。 コインは丸いものという固定観念がありますが、もう…

拝みたくなる人間への誘惑 出エジプト20:22-23

『◇契約の書 ◆(1)祭壇について 主はモーセに言われた。イスラエルの人々にこう言いなさい。あなたたちは、わたしが天からあなたたちと語るのを見た。あなたたちはわたしについて、何も造ってはならない。銀の神々も金の神々も造ってはならない。(出エジプト…

動画 これがマジックというものか!

www.youtube.com ベリーショートな動画ですから、瞬き厳禁ですよ(笑) マジックは、「タネも仕掛けもありません」と言いながらショーを繰り広げますが、その実、タネも仕掛けもあります。 でも、わかりやすいものでも、人を楽しませることができるのが実に…

礼法は防波堤 貝原益軒

『人の礼法あるは水の堤防あるが如し。水に堤防あれば氾濫の害なく、人に礼法あれば悪事生ぜず。 貝原益軒』 人間は、治水と利水ができるか否かで大きな差が生まれます。 水に覆われると、人間はひとたまりもありません。 人間の歴史で、ノアが方舟つくるこ…

メディアリテラシー 口コミの良い悪いは自分でウラを取る

ひと昔前なら「陰謀論」、ココ数年なら「フェイクニュース」という言葉が一般的になりました。 多くの人は「この人は本当のことを言っていないな!」と理解しているように感じます。 誰かの利益を守るために、一方的な情報を流し続ければ、「おかしい」と感…

程よい自信を強く持つ 箴言14:16

『知恵のある者は慎重で、悪を避けるが、愚かな者は怒りやすく、自信が強い。(箴言14:16新改訳2017)』 「良い加減」というのが難しく感じられるのはどうしてでしょうか? それは、人が十人十色で、加減の受け止め方も十人十色で、計りかねることがあるから…

身に付く最高の教育は? ディズレイリ

『いかなる教育も逆境に及ぶことなし。 ディズレイリ』 教育の大切さは、理解している人が多いイメージですが、その方法論については、様々な意見があることも事実です。 費用対効果や個人差による相性などを考える必要があるからです。 どうして、その様に…

キーワードを明確にするメリット

「今ココ」を最大限に生かす方法の一つのヒントです。 それは、「キーワードを明確にする」です。 その理由は、マインドや脳内でのイメージの乱立によるグルグル堂々巡りを回避するためです。 テーマが「食事」だとすると、朝食なのか夕食なのかなど、具体的…

恐怖と畏怖の念の差 出エジプト20:18-21 ヘブル12:18-21

『民全員は、雷鳴がとどろき、稲妻が光り、角笛の音が鳴り響いて、山が煙に包まれる有様を見た。民は見て恐れ、遠く離れて立ち、モーセに言った。「あなたがわたしたちに語ってください。わたしたちは聞きます。神がわたしたちにお語りにならないようにして…

動画 うれしさは尻尾と共に爆発する

www.youtube.com 「おじいちゃんとおばあちゃんがやってきたら、ワンちゃんが…、」という動画です。 ワンちゃんのシッポがちぎれそうなくらいフル回転しています。 どうやら、大好きな人達が到着したようです。 普段から相当かわいがってもらっているのでし…

習慣と根本原理 夏目漱石

『人間はただ眼前の習慣に迷わされて、根本の原理を忘れるものだから気をつけないと駄目だ。 夏目漱石』 原理原則を意識せずに生きている人が大半なのかも知れません。 人間は、良くも悪くも習慣化する生き物なのでしょうね。 そして、この習慣化は、かなり…

自然と微笑むことが困難な時代

閉塞感に包まれているような雰囲気の2021年です。 この時代には多くの人の笑顔が封印されているかのようなイメージを持ちます。 感染症拡大予防として、ロックダウンをする国もある中、日本では自粛という檻に閉じ込められている人が増えています。 もちろん…

勤勉な人の心 箴言13:4

『怠け者の心は欲を起こしても何も得ない。勤勉な者の心は豊かに満たされる。 (箴言13:4新改訳2017)』 空想家と努力家との対比ですね。 空想家は、「いつかは…理想のカタチに」という表現をすると批判されます。 なぜ、批判されるかは、本当に向き合う現実…