永遠の幸福マインドで今ココを生きる diary

肉体的せかいのおわりを乗りこえる方法 幸福を科学ではなく実感するチャレンジ イエスをメシアと信じることから始まる平安体験の探求と気づきメモ by Davi Blackstone

罪は積極的なもの キルケゴール「死に至る病(岩波書店)」

『罪は消極的なものではなく、積極的なものである。 キルケゴール死に至る病岩波書店)」』

死に至る病」の著者であるキルケゴールは、「絶望とは死にいたる病」とも述べています。

このフレーズは、「罪」について、語っています。

このテーマは、なるべく避けたいと考える人が多いと思いますが、あえて死に至る最大要因としては、避けて通れない関門なのですね。

人間は、誘惑を受ける受け身を強調しますが、それは、外的要因に過ぎず、その誘惑に乗るか否かは、その人の内的な変化です。それが起きなければ、行動に出ることはないのです。

悲しいかな、人間が先祖から引き継いでいるDNAに組み込まれている「罪」の取り扱い方で、人生が大きく変わりますね。

「私の責任」という潔い人は、少数派ではないかと感じています。

「○○が…」という言い訳で、自分は首謀者ではないと言い逃れようと必死な記者会見などを見れば、主犯にされた人や周囲の人は、はらわたが煮えくり返ることでしょうね。

私は、この「罪」の解決策は、創造主である神【主】が示した「福音の三要素(別の項に説明あります)」を受け入れる他に方法が無いと考えています。しかし、それでも、人間の肉体には「罪」を犯す性質が残りますから、肉体的生命を離れるまでは、その誘惑からは逃れることはできないのです。

これを悲観する必要はありません。

やってしまったことを「悔い」そして「改め」れば良いのです。

ですから、失敗を恐れずにチャレンジできるのです。

人生の成功は、失敗の山の頂きにあるのかも知れませんね。

成功は、氷山の一角とも言えるのではないでしょうか?

悪事で成功を目論むのは、いかがなものですが、成功を目指すならば、あらゆる知識と知恵をフル活用してチャレンジをしたいですね。

自分の中に「ワル」がいることを認めて、その「ワル」が暴走しないように対策するのも大切でしょう。

でも、自分の中に「ワル」などいるはずがないと考えていると、いないはずの「ワル」に苦しむ結果になりかねません。

この点では、もう一人の自分との付き合い方の大切さがポイントになるのですね。

 

セーレン・オービュ・キェルケゴールデンマーク語: Søren Aabye Kierkegaard デンマーク語発音: [ˈsɶːɐn o:'by ˈkiɐ̯ɡəɡɒːˀ] ( 音声ファイル)、1813年5月5日 - 1855年11月11日)は、デンマークの哲学者、思想家[1]。今日では一般に実存主義創始者、ないしはその先駆けと評価されている。

ja.wikipedia.org

 

 

人に動いてもらうための大切な要素 ナッジ理論

参考資料の中に、このような内容が紹介されていました。

ナッジ理論
自然に人を動かすために「EAST」
Easy 簡潔・簡単
Attractive 魅力的
Social 社会的
Timely タイムリ

人を動かすというと、相手をコントロールするイメージが先行して、あまり好感を持てないという人も多いと思います。私も、相手が動きたくなるというアプローチという表現が程良いのではないかと考えています。

これは、「片付け」という流れの中で紹介されていた考え方です。

自分自身は、意識付けをして、モチベーションを保つことができれば、片付けの持続は可能ですが、同居する他人のケースは、そうとは限りません。

どの様にアプローチをすれば、「片付け」を共有できるのかというテーマですね。

「ものを減らせ」「片付けろ」の大号令だけでは、「感情的な軋轢」を大きくしてしまいかねません。

その様な時に、どのような枠組みを設けるかは、理想的な環境を作りたい人の腕の見せ所です。

それには、共有するテーマを簡潔・簡単に、魅力的な方向性で、社会的にも良好で、ちょうど良い時間軸でできる設定が必要だと言うのです。

くれぐれも、これは、慎重に進めることが大切です。

マニュアル的な要素も原則としては大切ですが、それを運用する中で出てくるスキマの問題についての共通認識を構築して行く必要があるからです。

トヨタカイゼン方式などは、効率や合理的な領域を追求して、それが、利益の最大化に繋がっていると聞きます。「工具を置く位置まで、視覚や触覚でわかる」と言う徹底ぶりはスゴいと思います。

方向性としては似ているのですが、「片付け」には、楽しみやユーモアのセンスも欲しいですね。家の中を充実させて快適さや穏やかさを共有したいのですからね。

あまりにも、ギスギスや殺伐とした雰囲気は、人間の意欲を大きく削ぎ落としてしまいかねません。

整理整頓された住まいは、居心地が良く、家人が帰りたい家になるのが良いと考えます。

ついついダラダラと寄り道するのは、「帰りたくない家」が理由なのかも知れません。

いっその事、「快適すぎてどこにでも出かけたくない家」を目指すのも良いですね。


参考資料:あの人にイライラするのは、部屋のせい 米田まりな 整理収納アドバイザー

態度の選択について 箴言11:9

『9 神を敬わない者は、その口によって友を滅ぼし、正しい人は、知識によって助け出される。 箴言11:9 新改訳2017』

人間には、自由意志が与えられています。これほど尊重されているものはないと感じています。

人間は、自分の都合で、「天の介入があれば最強」という考え方もあります。

それに対して、創造主である神【主】のフトコロの深さは無限です。

【主】は、義を立て、完全な愛を用意した上で、忍耐を持って、ずっと待っておられます。

その態度は、「来るものを拒まず、去る者を追わず」と言うイメージです。

そこには、本当の「究極的な大丈夫」が用意されていますので、それを発見してたどり着く信仰者を待っているのです。

人間は、刹那の快楽を求める傾向が強いですから、自分自身に状況が変化する即効性があれば狂喜乱舞し、即効性を感じなければ意気消沈するような表面上の一喜一憂に振り回されています。

その一方、創造主である神【主】が備えている「永遠の幸福マインド」を共有して、生き続けられるかどうかという長いスパンでの大切なテーマなのです。

ですから、「自分が…自分が…」と「我田引水」に走れば走るほど、自分が優位にあると感じたいために、周囲を貶めてしまうことがあります。それが、「友を滅ぼし」と記されている部分です。

この世で生活していく上で、大切な要素は人間関係です。

聖書では、「自分を愛するように隣人を愛する」というように「隣人との関係」を大切にするように説かれています。

それには、「自分自身を健全に愛する」ことが、前提としてあるのです。

「友を滅ぼす」というのは、愛するとは方向性が真逆です。でも、それは、根本的に自分自身への愛情不足なのかも知れませんね。

自分自身との良好なバランスが保たれていたなら、周囲を必要以上に敵視する必要がなくなります。

隣人を助けようとする気になる前に、敵対しない心理が第一歩です。

共存共栄を目指すならば、順序も方法も違うと、この聖句は伝えています。

第一に【主】を敬うこと、そして、その知識によってこそ、助けになるのです。

まず、自分自身が、その知識によって助けを受け、それが周囲に広がっていくのですね。

定期的に、自分自身の状態を客観的に観察し、軌道修正が必要かどうかを見ていくことが肝要だと考えています。

「自分ファースト」は大切ですが、「自分だけ良ければ良い身勝手」からは脱却した方が良いですからね。

心に宿る「善と悪」 ジョセフ・アディソン

『何らかの善を心のうちに持たない悪人はなく、何らかの悪を心のうちに持たない善人もない。 ジョセフ・アディソン』

人間には、良心があるとくり返し記していますが、その一面を説明しているフレーズですね。

人の迷いが生じるのは、この要素ではないかと考えています。

悪事に加担しかけている自分にストップをかけたり、大切な誰かの悪事をいのちをかけて止めようとしたりするのも、これなのでしょうね。

「罪滅ぼし」という言い回しにも、後ろめたさを軽減したい願望が垣間見えます。

『英国人名事典』の形容によれば、「アディソンは高潔な品性、謙虚な性格、優しい気質により多くのパトロンから指示され、文壇にも多くの友人がいた」と記されています。

また、アディソンの白大理石像(リチャード・ウェストマコット作)がウェストミンスター寺院でたてられるほどの社会貢献をした彼が見てきた人々は、多種多様だったと推察します。

「悪銭身につかず」と言われる事例は、挙げだしたらキリが無いほどです。

一時、誰かから奪い取ったお金を持て余してしまう典型的なパターンがここにあります。

まるで、お金が落ち着かず、羽が生えて、どこかに飛んで行ってしまうようなイメージです。

生前贈与で得た財産で豪遊の旅に出かけた弟息子は、聖書の中で「放蕩息子」として、ご存じの方も多いと思います。これも、状況の変化に伴う心理描写が巧みです。

でも、人生は行動してからでないとわからないことがあります。

散財してから、「しまった」と思うのか? 「良かった」と思うのかです。

清々しいほどの散財は、何かを得ないとつまらないモノです。

一時の快楽を求めて、放蕩三昧したとしても、快楽のなれの果ては虚しさだけなのかも知れませんね。

お金や快楽に群がる人たちはいても、「その人を大事に思っている者はそこには居ない」という現実を理解できたとしたら、その散財には価値が見出せるのかも知れません。

人生は何かを失ってこそ、何かを見出せるという一面があるように感じています。

人生には「次の扉を開く勇気」も必要なのかも知れないと考えています。

 

ジョゼフ・アディソン(英語: Joseph Addison PC PC (Ire)、1672年5月1日 – 1719年6月17日)は、イギリスのエッセイスト、詩人、劇作家、政治家、文学者。ジョゼフはジョセフ、アディソンはアジソンと訳される事もある。熱心なホイッグ党の支持者であり、アン女王の治世に友人のリチャード・スティール(英語版)と共にエッセイ新聞『スペクテイター』(1711年 – 1714年)を創刊して[1]、18世紀市民文学の基礎を確立したことで知られる[2]。

ja.wikipedia.org

 

 

実業家とパートタイマーの比較 どの様な余生をおくりたいか?

どの様な人生が理想か? という対話をするときがあります。

「サラリーマンも将来を考えて複業を考えるべき」という啓蒙をしている人もいます。

実業家に定年はありませんから、寝てる以外の時間は、ビジネスのことを考えて、楽しみながら、悩んでいるようです。その人のライフスタイルであり、誰に強制されているワケでは無いのですから、それを幸せだと考えるのならOKなのですね。まさに良い意味で「道楽」です。

一方、サラリーマンを卒業して、不動産経営をしながら、パートタイマーとして働くというライフスタイルもあります。そうすると、パートタイム以外の時間は、完全に自由時間です。実業家のような悩みが付き纏わないライフスタイルです。

不動産経営がなくても、パートタイマーなら、それ以外の時間は自由ですね。

人生は選択です。自分自身で決めれば良いことです。

肝心なのは、その選択で収支が合うのかどうかです。

自分のライフスタイルとの相談ですね。

それさえできていれば、どの様な選択をしても、他人からとやかく言われる筋合いはないのです。

実業家の方も、「自分は何歳までこのスタイルでいけるだろうか?」という不安はあるようです。

認知機能の状況もあるのでしょうけれど、そのスタイルが好みならば、できる限りがんばっていただきたいと思います。

自分の意欲はあっても、世間のニーズが汲み取れないとか、認知的に課題が生じたとか、身体的に支障がでてきたという段階で、縮小や方向転換をしていければ良いのでしょうね。

その時が突然来ることもありますから、「まさか」の備えも大切です。

一度しかない人生ですが、ある程度の年齢に達したときに、今の状態で20歳に戻って人生をやり直したいと考えている人が、結構いるのですね。

私の願望の中には、その気持ちもあります。

しかし、人生は「今ココ」がはじまりですから、今を基準にして、これからを歩んでいくしか方法はないのですね。

自分は自分ですから、ニセモノの誰かを無理矢理演じるよりも、自分自身を精一杯、生きていきたいと考えています。

第7のラッパ=第3のわざわい ヨハネの黙示録11:14-19

『14 第二のわざわいが過ぎ去った。見よ、第三のわざわいがすぐに来る。
15 第七の御使いがラッパを吹いた。すると大きな声が天に起こって、こう言った。「この世の王国は、私たちの主と、そのキリストのものとなった。主は世々限りなく支配される。」
16 すると、神の御前で自分たちの座に着いていた二十四人の長老たちが、ひれ伏し、神を礼拝して言った。
17 「私たちはあなたに感謝します。今おられ、昔おられた全能者、神である主よ。あなたは偉大な力を働かせて、王となられました。
18 諸国の民は怒りました。しかし、あなたの御怒りが来ました。死者がさばかれる時、あなたのしもべである預言者たちと聖徒たち、御名を恐れる者たち、小さい者にも大きい者にも報いが与えられる時、地を滅ぼす者たちが滅ぼされる時です。」
19 それから、天にある神の神殿が開かれ、神の契約の箱が神殿の中に見えた。すると稲妻がひらめき、雷鳴がとどろき、地震が起こり、大粒の雹が降った。 ヨハネの黙示録11:14-19 新改訳2017』

第7のラッパは、第3のわざわいと同じです。

これは、一番厳しい裁きで、7つの鉢の裁きが含まれています。そのはじまりの合図が第7のラッパです。ヨハネは、複数の大きな声で、「この世の王国は、私たちの主と、そのキリストのものとなった。主は世々限りなく支配される。」と聞こえた。第1から第6までのラッパの裁きでは、一つの声だけが聞こえていましたが、第7のラッパの後には、「(天使たちの)シンフォニー」が鳴り響いていた。それは、父なる神とキリストの勝利を歌うものです。

まだ、「7つの鉢の裁き」が起こる前ですが、預言的宣言として、「キリストの勝利」を歌っています。それは、必ず成就するからです。ここからはじまる「7つの鉢の裁き」は、キリストの再臨を導き、再臨により、千年王国が成就するのです。ヨハネの黙示録には、旧約聖書の預言が引用され、時系列に並べられています。この項目に関する箇所を列挙します。エゼキエル21:26-27、ダニエル2:35、44、4:3、6:26、7:14、26-27、ゼカリヤ14:9

「24人の長老たち」は7回登場しています。「24人の長老たち」は、携挙された教会を表し、この箇所では、神がその権威を示し、地上の王(メシアが王座に就く)となられたことを感謝しています。これは、キリストの再臨を待望した賛美なのです。

ヨハネの黙示録11:18において、詩篇2;7-9に記されているメシア預言が成就するのです。

『7 「私は【主】の定めについて語ろう。主は私に言われた。『あなたはわたしの子。わたしが今日あなたを生んだ。8 わたしに求めよ。わたしは国々をあなたへのゆずりとして与える。地の果ての果てまであなたの所有として。9 あなたは鉄の杖で彼らを牧し陶器師が器を砕くように粉々にする。』」 詩篇2;7-9 新改訳2017』

19節は、「7つの鉢の裁き(ヨハネの黙示録16章)」が始まる前の「天における序曲」です。

天における神殿の状態がどうなっているかについては、ヨハネの黙示録15章で説明されています。また、ヨハネの黙示録10章から14章は、挿入箇所で、状況の説明がなされています。

「裁きは残酷だ、そんなことをするのは神じゃない。」という心情を吐露される方がいらっしゃいます。確かに、自分が否定されることは辛いことです。でも、その前に「神の愛(救い)」が提示されていることを受けとめていただきたいです。創造主である神【主】には、「義と愛」がセットで提示されています。

でも、これまでの歴史を見ると、「神の愛(十字架による死と復活)」が先に提示され、ヨハネの黙示録に記されている裁きは、その後に起きることなのです。

大患難時代における「二人の証人」の働きによって、ユダヤ人は救いに向かって動き始め、大患難時代の最後に民族的救いを経験するようになります。一方、異邦人の大多数は、反キリストについて行くことになるでしょう。でも、いのちがあって残されている限り、「神の愛」を受け取り、永遠の幸福を手に入れるチャンスはあるのです。

動画 ダンボールの可能性 感染症対策の病症ベッドと棺


www.youtube.com

英国のテレグラフ紙、2020年5月14日の報道です。

コロンビアのデザイン会社が、ダンボール製の病院用ベッドを製作しました。

簡易のリクライニング機能もあります。

また、患者が死亡した場合には、そのまま棺にできます。

その場所で、ダンボールを組み替えることによって、患者を動かす必要がありません。

フタをして、運び出す準備が整いました。

土壌で分解されるものです。18ヶ月間使用可能だそうです。

体重150kgまで対応できます。

病院用ベッドと棺の供給不足に対応するために、1ヶ月で3000個を製造することが可能だそうです。


日本でも、ダンボール製の棺があるようです。

ただし、サイズが火葬場に合わないと、対応してくれませんので、事前の確認が必要です。

この動画は、合理的でニーズに沿って作られているのでしょうけれど、ダンボール感がそのままという感じです。機能的にはOKなのでしょうけれど、繊細な感覚を持つ国民には違和感があるかも知れませんね。

棺も通信販売で変える時代になりましたので、お葬式も多様化していくでしょうね。

棺も大切ですが、その時に、誰かに寄り添ってもらえるか? 未知の不安はありますね。