永遠の幸福マインドで今ココを生きる diary

肉体的せかいのおわりを乗りこえる方法 幸福を科学ではなく実感するチャレンジ イエスをメシアと信じることから始まる平安体験の探求と気づきメモ by Davi Blackstone

聖霊降臨(ペンテコステ) その時に起きたこと 使徒の働き2:1-21

『2:1 五旬節の日になって、皆が同じ場所に集まっていた。
2:2 すると天から突然、激しい風が吹いて来たような響きが起こり、彼らが座っていた家全体に響き渡った。
2:3 また、炎のような舌が分かれて現れ、一人ひとりの上にとどまった。
2:4 すると皆が聖霊に満たされ、御霊が語らせるままに、他国のいろいろなことばで話し始めた。
2:5 さて、エルサレムには、敬虔なユダヤ人たちが、天下のあらゆる国々から来て住んでいたが、
2:6 この物音がしたため、大勢の人々が集まって来た。彼らは、それぞれ自分の国のことばで弟子たちが話すのを聞いて、呆気にとられてしまった。
2:7 彼らは驚き、不思議に思って言った。「見なさい。話しているこの人たちはみな、ガリラヤの人ではないか。
2:8 それなのに、私たちそれぞれが生まれた国のことばで話を聞くとは、いったいどうしたことか。
2:9 私たちは、パルティア人、メディア人、エラム人、またメソポタミアユダヤ、カパドキア、ポントスとアジア、
2:10 フリュギアとパンフィリア、エジプト、クレネに近いリビア地方などに住む者、また滞在中のローマ人で、
2:11 ユダヤ人もいれば改宗者もいる。またクレタ人とアラビア人もいる。それなのに、あの人たちが、私たちのことばで神の大きなみわざを語るのを聞くとは。」
2:12 人々はみな驚き当惑して、「いったい、これはどうしたことか」と言い合った。
2:13 だが、「彼らは新しいぶどう酒に酔っているのだ」と言って、嘲る者たちもいた。
2:14 ペテロは十一人とともに立って、声を張り上げ、人々に語りかけた。「ユダヤの皆さん、ならびにエルサレムに住むすべての皆さん、あなたがたにこのことを知っていただきたい。私のことばに耳を傾けていただきたい。
2:15 今は朝の九時ですから、この人たちは、あなたがたが思っているように酔っているのではありません。
2:16 これは、預言者ヨエルによって語られたことです。
2:17 『神は言われる。終わりの日に、わたしはすべての人にわたしの霊を注ぐ。あなたがたの息子や娘は預言し、青年は幻を見、老人は夢を見る。
2:18 その日わたしは、わたしのしもべにも、はしためにも、わたしの霊を注ぐ。すると彼らは預言する。
2:19 また、わたしは上は天に不思議を、下は地にしるしを現れさせる。それは血と火と立ち上る煙。
2:20 主の大いなる輝かしい日が来る前に、太陽は闇に、月は血に変わる。
2:21 しかし、主の御名を呼び求める者はみな救われる。』使徒の働き2:1-21新改訳2017』

キリスト教では、イエス・キリストの誕生を祝うクリスマス(メシア預言の成就を祝うのが本質)、神の子羊として十字架刑で贖いを終えたイエス・キリストの復活(イースター)、そして、その後の出来事である聖霊降臨をペンテコステとしてお祝いします。

この聖霊降臨した日は、衝撃的なインパクトでした。

今の時代も、その本質を引き継いでいます。それは、信じた瞬間に起きる聖霊の内住です。

しかし、この時に比べれば、落ち着いた地味なものです。

その様なこともあり、この時の光景を見たいと願う信仰者もいます。その人たちは、多くの人が救われたという瞬間を目撃したいようです。

世の中には、試練困難もありますが、それまで、纏わり付いていたものが外れる瞬間を体験すると、その開放感には大きな感動が生まれるものです。

ただ、その前提として、この時に、何がどうなったのかを冷静に理解しておく必要があると考えています。

「五旬節とは、ギリシア語で 50を意味するペンテコステの訳。モーセによるユダヤ民族のエジプト脱出を記念する「過越祭」から 50日目に行われるユダヤ教の祝日。イエスの復活が過越祭と合致し,聖霊の降臨がそれから 50日目のユダヤ人の祝日に合致したと信じられるところから,聖霊降臨の祝日を五旬節と呼ぶ」

五旬節(ゴジュンセツ)とは? 意味や使い方 - コトバンク

その日、激しい風が吹いて来たような響きが起こり、炎のような舌が分かれて現れ、一人ひとりの上にとどり、使徒たちが聖霊に満たされ、御霊が語らせるままに、他国のいろいろなことばで話しはじめました。

過越の祭りから五旬節まで、海外からのユダヤ人巡礼者は滞在していて、彼らが日常使っていた言語で話し始めたのが、ガリラヤ出身の人たちだったので、ビックリ仰天したのです。

その不思議な光景を見ながら、理解できない人の中には、「彼らは新しいぶどう酒に酔っているのだ」と言う人たちもいました。

ペテロは、ヨエル書2:28-32の預言を引用して、これは、その成就であることを説明したのです。

「神は言われる。終わりの日に、わたしはすべての人にわたしの霊を注ぐ。」と言う言葉からはじまる部分です。

その中の最重要部分は、時代を越えて共通です。

それは、「主の御名を呼び求める者はみな救われる」です。

いつの時代にも、創造主である神【主】の存在を認め、自分の主として位置づける信仰告白こそ、【主】に受け入れられる信仰者のベースなのですね。

これは、今に限らず、これから来ると預言されている大患難時代の最後の局面でも起きることです。

それは、イスラエルの国家的な悔い改めによる【主】への回帰です。

それを、どこからか目撃できるでしょう。

福音を伝えることが、難しく感じる世の中ですが、コツコツと自分にできる事に励みたいと考えています。

一人の魂の救いが、天に大きな喜びをもたらすのですから。

動画 ロバは平和的な生き物なのか?

youtu.be

動画の概要欄の説明
ロバのジャングルジムで遊ぶ若いヤギ。
2024年4月21日撮影/アメリカ・フロリダ州ペンサコーラ
「ヤギのニムは生後3週間、ロバのペネロペは1歳半。ペネロペはこの農場のヤギの保護者で、ここの子ヤギを守り、楽しませることに特別な関心を持っている。彼女は子ヤギのそばにいるのが大好きで、子ヤギたちもペネロペが大好きなのです!"

山羊と羊はパッと見てもわかりにくいですが、ある程度の観察すれば、明確になります。

羊は、地べたで生活するのが基本です。それに対して、山羊は、そばに登れる台があると必ず高い所に移動します。

この能力は、野生の環境で、岩場などに生息していく上で必要不可欠なもののようです。

不安定な場所に立つことによって、バランス感覚、特に、体幹を鍛えることができるようです。

また、山羊は好戦的で、頭をぶつけ合うDNAがあり、小さなうちからトレーニングを欠かしません。ですから、周囲にいる動物は、そのトレーニングに付き合わされるようです。

この動画のケースでは、高い所に登るという面があらわれています。

その踏み台にされているのは、子ヤギたちの保護者である子ロバです。

体格差もあるので、びくともしていませんね。

その関係性も良好なようで、平和的な光景が展開されているということです。

何歳まで、一緒に育つのか分かりませんが、幸せな時が続くことを願います。

虚偽を加味するとは フランシス・ベーコン

『虚偽を加味することは、金銀貨の混合物のように、金属をより実用に役立たせるかもしれないが、その質を低下させる。フランシス・ベーコン「ベーコン随筆集』(岩波書店)』

金の価格が高騰しています。

それは、「24K(純金)」の価格表示です。

純度が高いことが求められた時代がありました。

様々な理由から、使用される局面に合わせたカタチで、ニーズに沿うカタチに内容が変化してしました。

例えば、純金は混ぜ物がない「24K」あるいは「999.9」ですが、ネックレスなどの宝飾品に使われる金は「18K」あたりが多いようです。

その理由は、強度です。

「24K」は柔らかいので繊細な細工では、すぐ変形してしまうのです。

その点「18K」は、ある程度の強度を保てる合金にしてあるので、古来から使われているのです。

金の価格高騰に伴って、ニセモノも出回るようになってきました。

金塊は、買い取るときに、数種類の品質を測定する手法で、真偽を判断する時代です。

それを逆手にとって、それらを欺けるようなニセモノがあると聞きます。

重さも同じ、表面上の様子も、並べてみても判断がつかないのです。

さらに、テスターで確かめても、「本物」判定が出るようで、詐欺被害が世界のあちらこちらで発生していると聞きます。

冒頭のフレーズで、「虚偽」という言葉が使われています。

その「虚偽」を「真実」に少しだけでも混ぜることによる影響への懸念を感じます。

つまり、それが、金属を素材として補強する役割を果たせれば良いのですが、金属としての純度を下げる結果になると言うことを巧みに表現しています。

世の中には、「合金」という技術が発展し、その応用範囲が広がり、生活の利便性に貢献しています。

しかし、その合金は、混ぜ物なのです。

リサイクルするときには、融解して、精錬をし直す必要があります。

ただし、このフレーズの警鐘は、合金という事ではなく、「ウソ」を混入させる事への警告です。

今の世の中は、フェイクニュースに満ちています。

フランシス・ベーコンが暮らした時代に、そのような傾向を感じていたと言うことでしょうか?

まるで、今日のような社会の到来を予期していたようにも感じます。

所有欲をくすぐる仕掛け ブランド品など 特別感とは

「自分はできる人間だ!!」

そんなニーズを満たしてくれるのが、ブランド品の存在価値なのだそうです。

つまり、それを特別な価格で購入できる選ばれた人という位置づけだそうです。

とあるカバンを製造販売している社長が、市場調査のために、他社のハイブランドを購入して、使用感などを試しているそうです。

値の張る靴やカバンを身につけているときには、「自分は特別」という不思議な自信がみなぎるのだそうです。

人間の身近で生活を支えるグッズは、その機能を満たすだけではなく、多くの影響を与えているようです。

特に、勝負下着などは、男女の区別なく、自分が包み込まれている実感をもって、自信につながるのだと推察しています。

その自信がどれ程かは、自認している必要性があるようです。

人間は、等身大の自分を把握する事が基本です。

そして、背伸び程度のチャレンジを積み重ねていくことも大切です。

さらに、時には、大ジャンプをしながら、大きなチャレンジをしていく局面も出てくることでしょう。

しかし、そのチャレンジと自分の能力や環境を合わせて検討していくことも必要になります。

それらの方向性や補完する必要がある内容をチェックしていくことも大切なのです。

ブランド品は、もう少しの自信を補完する役割なのかも知れません。

あくまでも、自分自身が主体なので、実力や努力は必要なのです。

それらの要素が、上手く組み合わさったときに、サクセスロードが開けてくることでしょう。

ブランド品には、大きなコストがかかっています。

材料費や製造コストはもちろんです。

さらに、特別感を出すための世界観を演出するために、ビッグタレントを起用したり、ビルや旗艦店などをデザインしたり、維持したりする費用も莫大です。

それらが、人間を魅了するので、「特別感」が大きな意味を持つのでしょう。

ブランド品との向き合い方を考えて、それに振り回されることなく、活用していけると良いですね。

自分自身の実力を磨いて、ブランディングしていくのが至高だと考えています。

まず、かけがえのない自分自身を大切にしたいですよね。

知恵の叫び声 箴言8:1-3

『8:1 知恵は呼びかけないだろうか。英知はその声をあげないだろうか。
8:2 知恵は、道の傍らにある丘の上、通りの四つ角に立ち、
8:3 町の入り口にある門のそば、正門の入り口で高らかに言う。箴言8:1-3新改訳2017』

いつの時代も、魔法の杖を探し求めている人がいるようです。

正解があるようで、その実、正解がない世の中です。

今の判断の答え合わせは、もう少し進んでみてからしか、わからないのです。

「英知」を結集してなどと言いますが、その意味は、「1 すぐれた知恵。深く物事の道理に通じる才知。2 哲学で、物事の真実在の理性的、悟性的認識。また、それを獲得しうる力。ソフィア。」とデジタル大辞泉には記されています。

それは、知識という情報の塊ではなく、それを活用した何かというイメージですね。

「知恵」とは、「1 物事の道理を判断し処理していく心の働き。物事の筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力。」(デジタル大辞泉)と説明されます。

つまり、情報が整理されて、優先順位が示されているという状態です。

冒頭の箴言では、「そこここで、それがある」と記しています。

それを察知する能力が欲しいですね。

あらゆる分野で活躍するアイデア豊富な方に話を聞くと、アイデアは見回せば、あちらこちらにあると言います。

センサーの差があり、それを応用する能力も大切という事でしょうか?

これは、箴言ですから、信仰的に考えていく必要がありますね。

『2:26 なぜなら神は、ご自分が良しとする人には知恵と知識と喜びを与え、罪人には、神が良しとする人に渡すために、集めて蓄える仕事を与えられるからだ。これもまた空しく、風を追うようなものだ。伝2:26新改訳2017』

ソロモンが記している伝道者の書にある一節です。

「神は、ご自分が良しとする人には知恵と知識と喜びを与え」とあるのは、信仰者にとっての希望です。

「どうか、知恵を感じ取れるセンサーを敏感にしてください。そして、知恵を適切に用いることができるように助けてください。」との祈りをもって、歩みたいと考えています。

それは、「自分が映える」ために用いるのではなく、究極的には、「創造主である神【主】の栄光のため」という意識を保ちたいですね。

恋愛のために何を犠牲にできますか? バードランド・ラッセル

『恋愛のために出世をすべて犠牲にするのは、痛ましくも英雄的である場合もあるが、愚行であろう。だが、出世のために恋愛をすべて犠牲にすることも同じく愚行で、けっして英雄的ではない。バートランド・ラッセル『結婚と道徳」』

人生の分かれ道にさしかかったときに、究極の決断を迫られるというパターンですね。

「竹を割ったような性格」の人は、どちらを選択しても、後悔はしないだろうと想像してしまいます。

でも、実際には、どうなのでしょうね?

このフレーズで気になる所は、「英雄的」という言葉です。

ここから想像すると、その人は、ある程度、知名度がある立場の人なのかも知れませんね。

もう一つ、「愚行」という言葉も気になります。

これに込められた気持ちとは?

「どちらかだけにするのは、モッタイナイ」という気持ちが溢れて流れてくるイメージを感じます。

今の時代、日本社会でも、正社員同士の結婚が増えています。

一方、「一人だけでも、生活がままならないのに結婚なんて以ての外」などとの声も聞こえてきます。

でも、一度きりの人生、決断したら走り続ける方が懸命という考え方が増えているようにも感じます。

ただし、当事者は大変です。

周囲の協力が、適度に得られる人は、超ラッキーです。

家族の健康が維持できている間は、なんとかできますが、誰かが体調を崩したときには、あらゆる負担ドミノがやってきます。

その様な時の対処も心得ておく必要があるのです。

これは、仕事も、結婚も、家族もある「持てる人の悩み」です。

「持てる」という事に幸せを感じる人と、嘆く人との分かれ道も存在するのですね。

世の中の大半の人は、「英雄的」に振る舞う必要はありません。

恋愛でも出世でも、その現実に向き合う覚悟こそ大切なのではないでしょうか?

重要なのは、周囲との調整をして、自分自身で決断するということでしょうね。

「A」か「B」かと聞かれたら「どちらも」と答えるのには、覚悟もいることです。

人生をふり返った時に、様々な想いが去来するのは当然です。

しかし、後悔をしても、過去は変えられません。

それも含めて、より良い決断をしていきたいと考えています。

快適に引きこもれる環境作りを目指したい

休日には、外に出かけたいと考える人が多数派でしょうか?

周囲の人に聞いてみると、休日に家に居るというインドア派が半数くらいは居ました。サンプルによってバラツキはあるでしょうね。

私は、どちらかというと、用事がないと出かけたくないタイプです。

でも、あちこち出歩くのもイヤではなく、出かけたらそれなりの収穫を得た気持ちにもなります。

時には、移動距離の長さや気象条件で、疲労を感じることもあります。まあ、それに鍛えられるという一面も感じています。

出かけられるのも、体力があり、時間的な自由があるという理想的なことを考えると、とても幸せなことだと考えています。

今回は、例え、出かけなくてもというテーマです。

冬の朝は、ふとんから出たくないと思う人が多いのではないでしょうか?

その理由は、ふとんの中が暖かくて快適だからですね。

最近は、住宅事情が変わり、超気密住宅では、室内温度が15度を下回らないと聞きますので、寒さなど関係ない朝を迎える人も居るのでしょう。

また、出かけたくなる動機は何でしょう?

もし、こんな状態の家に居たくないという理由であれば、その状態が変われば気持ちにも変化が訪れるでしょう。

「人間をダメにする○○」というキャッチフレーズが使われた事がありました。

ビーズクッションや枕、ソファなどブレークした商品があり、今でも売れているようです。

「快適」な状態を提供するので、その状態から脱することさえ拒否したくなると言うことですね。

究極のリラックス状態が最高とはいかないですが、一度、味わったらクセになる事でしょう。

自分自身が、自分自身で居られる環境を自宅のどこかに作っていきたいと考えて試行錯誤しています。

その要素は、自分の姿勢をリラックスさせるもの、自分の精神を安定させるための環境やグッズ、インテリアなども含まれますね。

熟睡したと思っても、首や肩が痛いと感じる事もあります。枕が合っていないのでしょうか?

自分の精神がリラックスできるBGMなども選んでおきたいですね。

私は、快適な場所を探すのが一番上手なのはネコちゃんだと考えています。ちょっとした陽だまりを見つけては、また、暑い日は、ヒヤッとするコンクリートを活用してなど、快適探しの天才ですよね。

それにならってと言うものの、そこは、人間と猫、ニーズが違います。

ダメになるシリーズを探りながら、自分にとっての快適環境の確立へと歩を進めていきたいですね。