読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の幸福マインドで今ココを生きる diary

肉体的せかいのおわりを乗りこえる方法 幸福を科学ではなく実感するチャレンジ イエスをメシアと信じることから始まる平安体験の探求と気づきメモ by Davi Blackstone

人間は魂の上に肉体という化けの皮を着て生きている?

人は見た目の第一印象に大きな影響を受ける部分があります。

基本構成として、顔には目が二つ、鼻が一つ、口が一つ、耳が二つなどがならんでいます。

ただ、それだけなのに、そのパーツや配置によって、見た目の印象が大きく変わる現実があります。

多くの人が見て、美しいと判断(誤解かもしれない)するような、いわゆる美形と呼ばれる人にも、コンプレックスを抱えていて、美形と評価される自分に満足できないと整形手術をし続けると言うのです。

すごい不思議な事です。でも、現実なのです。

美人薄命とも言われますし、美貌の故に不幸を招くという事も歴史の事実として伝えられています。

特に美人と言われなくても、十二分に幸せな人生を過ごしていらっしゃる人は多くいますので、それを考えれば、美貌であるとかないとかは、関係ないのでしょうね。

「かっこつけても隠せない」現実に直面しますね。

極端な表現をすれば、人間がまとっている肉体という名の「着ぐるみ」に過ぎないのでしょうか?

それを表面上、見え方を変えても、等身大の自分とのギャップが広がる方向であれば、落ち着けない方向性に走るのだろうと考えます。

等身大の自分に近づける変化が落ち着く方向性なのかも知れません。