読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の幸福マインドで今ココを生きる diary

肉体的せかいのおわりを乗りこえる方法 幸福を科学ではなく実感するチャレンジ イエスをメシアと信じることから始まる平安体験の探求と気づきメモ by Davi Blackstone

「くれない」族

「夫は何もしてくれません。」なんて、よく聞くフレーズですね。

よくよく話を聞いてみると、奥さんも尽くしているようには思えない。

「旦那さんの気遣いが欲しければ、まず、奥さんが精一杯気遣ってあげるのがさきではないでしょうか?」
なんて、やりとりもよくあるのではないでしょうか?

「何何してくれない」とか、口癖になっている人を「くれない族」なんて呼んだ時代もありましたね。

「ほしいほしい」とか「くれくれ」とか言っている人もいますね。セールス業界では、「サンプルマニア」とか呼んでいるらしいです。

なんか話がずれてしまいました(^^;)

実際欲しいのは、「モノや行為だけではなく、愛情が伝わる何か」なのでしょうね。

それを、誰からいつ受け取るかなのですね。