永遠の幸福マインドで今ココを生きる diary

肉体的せかいのおわりを乗りこえる方法 幸福を科学ではなく実感するチャレンジ イエスをメシアと信じることから始まる平安体験の探求と気づきメモ by Davi Blackstone

一言の声かけが人生を変える ベンジャミン・フランクリン

『賢い人にはひと言で足りる。ことばは多くてもその要はなさない。ベンジャミン・フランクリン

多才な活動で知られるベンジャミン・フランクリンです。

雷が電気であることを明らかにしたという彼が発したフレーズがこれです。

私は、何かを伝えるということは、非常に大切だと感じています。

それには、適切な言葉数で、適切な表現が必要ですね。

しかし、現実は、言葉数が多くてかえって混乱を招いたり、言葉数が足りなくて、説明が不十分だったりを繰り返しています。

それは、何を伝えたいかもありますが、誰に伝えるかにも課題が、それぞれ違うのです。

このフレーズのように、言葉を羅列しても、混乱を招くだけという状況は、イメージしやすいですね。

相手にもよりますが、「打てば響く」というか、「ツー」と言えば「カー」というパターンが、それかも知れません。

別な言葉で言うと「一を聞いて十を知る」というタイプの話でしょう。

その人のことを「賢い人」とベンジャミン・フランクリンは表現しているのです。

そこには、思い込みや早合点もあるので、注意も必要です。

何らかの共有確認も大切だと感じています。

 

ベンジャミン・フランクリン(英語: Benjamin Franklin, グレゴリオ暦1706年1月17日<ユリウス暦1705年1月6日>[注釈 1] - 1790年4月17日)は、アメリカ合衆国の政治家、外交官、著述家、物理学者、気象学者。印刷業で成功を収めた後、政界に進出しアメリカ独立に多大な貢献をした。また、凧を用いた実験で、雷が電気であることを明らかにしたことでも知られている[注釈 2]。現行の米100ドル紙幣に肖像が描かれている他、1963年まで米50セント硬貨にも肖像が用いられた。
勤勉性、探究心の強さ、合理主義、社会活動への参加という18世紀における近代的人間像を象徴する人物。己を含めて権力の集中を嫌った人間性は、個人崇拝を敬遠するアメリカの国民性を超え、アメリカ合衆国建国の父の一人として讃えられる。『フランクリン自伝』はアメリカのロング・ベストセラーの一つである。

ja.wikipedia.org