永遠の幸福マインドで今ココを生きる diary

肉体的せかいのおわりを乗りこえる方法 幸福を科学ではなく実感するチャレンジ イエスをメシアと信じることから始まる平安体験の探求と気づきメモ by Davi Blackstone

知恵の叫び声 箴言8:1-3

『8:1 知恵は呼びかけないだろうか。英知はその声をあげないだろうか。
8:2 知恵は、道の傍らにある丘の上、通りの四つ角に立ち、
8:3 町の入り口にある門のそば、正門の入り口で高らかに言う。箴言8:1-3新改訳2017』

いつの時代も、魔法の杖を探し求めている人がいるようです。

正解があるようで、その実、正解がない世の中です。

今の判断の答え合わせは、もう少し進んでみてからしか、わからないのです。

「英知」を結集してなどと言いますが、その意味は、「1 すぐれた知恵。深く物事の道理に通じる才知。2 哲学で、物事の真実在の理性的、悟性的認識。また、それを獲得しうる力。ソフィア。」とデジタル大辞泉には記されています。

それは、知識という情報の塊ではなく、それを活用した何かというイメージですね。

「知恵」とは、「1 物事の道理を判断し処理していく心の働き。物事の筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力。」(デジタル大辞泉)と説明されます。

つまり、情報が整理されて、優先順位が示されているという状態です。

冒頭の箴言では、「そこここで、それがある」と記しています。

それを察知する能力が欲しいですね。

あらゆる分野で活躍するアイデア豊富な方に話を聞くと、アイデアは見回せば、あちらこちらにあると言います。

センサーの差があり、それを応用する能力も大切という事でしょうか?

これは、箴言ですから、信仰的に考えていく必要がありますね。

『2:26 なぜなら神は、ご自分が良しとする人には知恵と知識と喜びを与え、罪人には、神が良しとする人に渡すために、集めて蓄える仕事を与えられるからだ。これもまた空しく、風を追うようなものだ。伝2:26新改訳2017』

ソロモンが記している伝道者の書にある一節です。

「神は、ご自分が良しとする人には知恵と知識と喜びを与え」とあるのは、信仰者にとっての希望です。

「どうか、知恵を感じ取れるセンサーを敏感にしてください。そして、知恵を適切に用いることができるように助けてください。」との祈りをもって、歩みたいと考えています。

それは、「自分が映える」ために用いるのではなく、究極的には、「創造主である神【主】の栄光のため」という意識を保ちたいですね。