永遠の幸福マインドで今ココを生きる diary

肉体的せかいのおわりを乗りこえる方法 幸福を科学ではなく実感するチャレンジ イエスをメシアと信じることから始まる平安体験の探求と気づきメモ by Davi Blackstone

落ち着きを取り戻すためのエッセンス

人間はそれぞれにタイマーを持っています。

世界の標準時間よりも、個人的なタイマーに左右されるのですね。

焦燥や緊張や怒りや感情の高ぶりも、それに起因したものが多いのではないでしょうか?

マイペースでよいと本当に思っている人は、焦燥感を感じないと思いますが、スゴく少数派でしょうね。

もし、焦燥感や緊張感や怒りを感じたとするとどのようなアクションがゆうこうなのでしょうね?

筆者の場合は、まず、深呼吸ですね。

いつもよりも、ゆっくり、息を最大限吐き出す所から始めます。

まず、肺の中の気体を出してしまわないと新しい空気に満たせないからですね。

通常の呼吸よりも、ゆっくりと吐き出し、たっぷりと吸い込みます。

次に、いらだちを感じている自分を自己受容します。メタ認知ですね。

自分が、そのように感じた要因が思い浮かぶならば、ノートに書きとめてみるというのもいいですね。

焦燥や緊張や怒りや感情の高ぶりも、冷静な自分でいられなくなると言うことですから、自分が何をどのように感じると、取り乱してしまうのかという記録にもなりますからね。

そうすると、「自分は○○に影響を受けるのだ」という認知ができると、その後に、影響が薄まっていくこともあります。

別の言い方をすれば、お化けの正体が分かると怖くなくなるのと同じ事ではないでしょうか?