永遠の幸福マインドで今ココを生きる diary

肉体的せかいのおわりを乗りこえる方法 幸福を科学ではなく実感するチャレンジ イエスをメシアと信じることから始まる平安体験の探求と気づきメモ by Davi Blackstone

叱られ上手な生き方に 箴言3:11-12

『わが子よ、【主】の懲らしめを拒むな。その叱責を嫌うな。父がいとしい子を叱るように、【主】は愛する者を叱る。(箴言3:11-12新改訳2017)』 懲らしめというと避けたくなりますね。 叱られるという響きは、教えてもらえるという部分もイメージできます。…

悩みを突き抜けろ ベートーベン

『悩みを突き抜けて歓喜に至れ。 ベートーベン』 人生に悩みはつきものですね。 「私には悩みがない」と言い切れる人は、何も考えていないか、悩みを超越した人なのでしょうね。 悩みは人を成長に導く大切な要素でもあります。 ベートーベンは、難聴でしたが…

羊人と書いて「シープル」と読むそうな

最近、知ったワードです。 それは、「羊人」で、「シープル」と発音するのだそうです。 「シープル」は、造語で「羊」を意味する「シープ」と「人」を意味する「ピープル」を合わせたものだそうです。 その意味は、「羊のように飼い慣らしやすい人たち」のこ…

保護を実感できないイスラエルの民 出エジプト19:1-2

『◆シナイ山に着くイスラエルの人々は、エジプトの国を出て三月目のその日に、シナイの荒れ野に到着した。彼らはレフィディムを出発して、シナイの荒れ野に着き、荒れ野に天幕を張った。イスラエルは、そこで、山に向かって宿営した。(出エジプト19:1-2新共…

動画 アヒルシッター犬

Doggy Loves Looking After Ducklings || ViralHog 母性本能というか、親性本能というものは、動物には備わっているようですね。 この動画を見ていると、ワンちゃんの視線には、保護者の視線を感じてしまいます。 水たまりの湿ったところでも、見守るために…

苦難の意味とは? ヒルティ

『苦難はたいてい未来の幸福を意味し、それを準備してくれるものであるから、私はそうした経験を通じて、苦難のときには希望をいだくようになり、逆にあまりに大きな幸福に対しては疑念をいだくようになった。 ヒルティ』 「試練は宝」というフレーズは、誰…

断捨離の極意とは?

断捨離は、不用品の処分だけかと考えている人が多いようです。 でも実際は、不用品の処分で終わるものではなく、一生していくモノなのだそうです。 その中でも、大切な要素を耳にしましたので、ここにメモしておきます。 それは、現状が散々だと感じても、「…

恵みを受ける姿勢 箴言3:34

『嘲る者を主は嘲り、へりくだった者には恵みを与えられる。(箴言3:34新改訳2017)』 「創造主である神に対して、人間にできることは何なのだろうか?」 という、対話をした事がありました。 その時の結びは、 「ギブアップして感謝するしかない。」 となり…

今が最悪? シェイクスピア

『「今が最悪」と言える間は、最悪ではない。 シェイクスピア』 「さいあく~~」 うまく解答できなかったテストの結果を聞いた学生のつぶやきみたいですね。 明るいニュースが聞こえてこないと感じるときに、「今が最悪」なのか?と考えたりします。 でも、…

ポジショントーク 期待 理想 正義 利得 権益のぶつかり合い

ある国の大統領が、「自国ファースト」とのスローガンを掲げ、グローバリストたちは、これを批判の的にしていました。 視点によって、ニュアンスに大きな差が出るフレーズですね。 自分自身のことに、置き換えて考えてみる必要がありますね。 「自分にとって…

モーセの舅イテロのスタンス 出エジプト18:17-23

『モーセのしゅうとは言った。「あなたのやり方は良くない。あなた自身も、あなたを訪ねて来る民も、きっと疲れ果ててしまうだろう。このやり方ではあなたの荷が重すぎて、一人では負いきれないからだ。わたしの言うことを聞きなさい。助言をしよう。神があ…

動画 犬は雪が大好きとは限らない

Excited pup runs into snow, immediately runs back inside 「雪やこんこ、あられやこんこ…(雪…文部省唱歌)には、「犬はよろこび庭駆け回り」なんて、歌われていましたが、この動画では、人間が、「わかる」と共感してしまうような行動をしています。 こ…

天使と苦悩 ナイチンゲール

『天使とは美しい花をまき散らすものではなく、苦悩するもののために戦うものである。 ナイチンゲール』 元祖、白衣の天使といわれたナイチンゲールのフレーズです。 天使を美化しすぎる事への警告も含まれているように感じます。 天使のイメージは、願いを…

シバレルときくとポカンとする

「今日は、シバレルねえ」 と北海道出身の人から聞いて、意味がわからずにポカンとしておりました。 ある時には 「これ投げてくるわ!」 と言い残して、軽トラックに荷物をいっぱい積んで出かけていきました。 帰ってきてから、北海道弁について教えてもらい…

アリから学ぶ 箴言6:6-8

『怠け者よ、蟻のところへ行け。そのやり方を見て、知恵を得よ。蟻には首領もつかさも支配者もいないが、夏のうちに食物を確保し、刈り入れ時に食糧を集める。(箴言6:6-8新改訳2017)』 アリは、人間にとって身近な生き物の一つです。 公園などに行っても、…

どうして心配するの? ウォルト・ディズニー

『どうして心配するの。あなたが、やれる最善を尽くしたのなら、心配したって事態は良くならないだろう。 ウォルト・ディズニー』 「心配」は「心を配る」というのが本来の意味なのですが、「不安を掻き立てられる」というニュアンスを感じ取る人が多いので…

当事者? 傍観者?

常に、主観的か客観的かの論議があります。 もう一つ大切な要素として、その時の私は当事者なのか? それとも、傍観者なのか?というものもあります。 この両方の軸を活用して、その時の観察視点と自分のアクションを決めていく必要があると考えています。 …

モーセの舅イテロ 出エジプト18:5-7 ロマ12:15

『こうしてモーセのしゅうとイテロは、モーセの息子と妻と一緒に、荒野にいるモーセのところにやって来た。彼はそこの神の山に宿営していた。イテロはモーセに伝えた。「あなたのしゅうとである私イテロが、あなたの妻とその二人の息子と一緒に、あなたのと…

動画 長いものには巻かれない警戒心

Cautious Kitty Doesn't Trust the Garden Hose || ViralHog 動物は、防衛本能が植え付けられているのでしょうね。 蛇が、ニョロニョロ近寄ってくるとイメージするだけで、身構えてしまう人も多いことでしょうね。 この動画では、ネコちゃんが、横たわったホ…

恐怖心は暴れん坊 デール・カーネギー

『恐怖心は暴れん坊だが、同時に臆病者である。恐怖心を克服するには、その存在を無視すればよい。 デール・カーネギー』 「恐怖心は無視する」という結論で終了ですね。 恐いは、防衛本能を刺激します。 最近の撲殺殺人事件は、警察官が見るのも凄惨な現場…

二月は逃げる三月はサル

2021年も二月の下旬になりました。 昔の人は、「二月は逃げる」「三月は去る」などと、韻を踏んで時の流れを表現しました。 「光陰矢のごとし」などとも、時が経つのが速く感じるコトを表現します。 自分で取り組もうとした課題が、進んでいないとわかると、…

喜びが伝わるコミュニケーション 箴言12:25

『心配は人をうなだれさせる。親切な言葉は人を喜ばせる。(箴言12:25新共同訳)』 心細い時に体験した親切は大きな助けです。 でも、この世の中には、心細さに追い打ちをかける、詐欺や強盗などもあり、それを耳にすると、同じ人間として情けなくなってしま…

恥辱を感じるモノ パスカル

『人間にとって、苦悩に負けることは恥辱ではない。むしろ快楽に負けることこそ恥辱である。 パスカル』 「勝負に勝って、試合に負ける」と、かなり以前に、野球の投手が言っていました。これには、強打者との勝負には勝っても、試合には負けたであろう悔し…

文具の山を見て考えること

家中の文具をかき集めたら、結構な量になります。 断捨離流行りの今なら、体験された方も多いと思います。 その中には、ノートやメモなどもあります。未使用のモノでも、セピア色に変色していたりして、時代を感じてしまいます。 筆記用具の種類や本数の多さ…

信仰者たち ヘブル11:13

『これらの人たちはみな、信仰の人として死にました。約束のものを手に入れることはありませんでしたが、はるか遠くにそれを見て喜び迎え、地上では旅人であり、寄留者であることを告白していました。しかし実際には、彼らが憧れていたのは、もっと良い故郷…

動画 なめないで! そして、かじらないで!!

Bunny eats snowman’s carrot nose Snow Man(雪だるま)のお鼻が魅力的に感じたウサギさんは、ピタッとくっついたかと思いきや、ガブッと行ってしまいました。 なんと、雪だるまさんのお鼻はニンジンだったのですね。 ニンジンは、ウサギさんやお馬さんは大…

アンガーマネジメントのお手本 マーク・トウェイン

『立腹したら四つ数えよ。怒り狂ったら誓え マーク・トウェイン』 アンガーマネジメントという手法が一般化して、普及しています。 「カッとなったら、6秒間ジッとする」ということも、一つとして挙げられています。 キレるタイプの人は、何かをきっかけにし…

体感する度合いの差が大きい時代 痛みのスケールなど

痛さを表現しない人、少しの痛みでも大きく表現する人、人間の世界は不思議に満ちています。 医療の現場では、痛みのスケールが用いられていて、患者さんの現状を探るのですが、体温測定や血圧測定のように、数値に表せるモノではないので、大きな課題ですね…

充足した人生のために大切なコト 箴言12:11

『自分の土地を耕す人はパンに飽き足りる。意志の弱い者は空を追う。(箴言12:11新共同訳)』 「自分の土地を耕す人」とは、自分の立ち位置を理解し、自分に与えられている家庭や才能、仕事に集中できる人ですね。 その中で、充足感や満足感を味わえる人は、…

人間の弱いところ マーガレット・ドラブル

『人は、現実に耐えることができる。しかし、絶え間ない憂鬱にはもろいものです。 マーガレット・ドラブル』 人間は、覚悟をすれば耐えられる事もあります。 注射の針がチクッとくるのが嫌な人でも、ホンの一瞬と思えば、大抵の人は我慢できます。 それ自体…