読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の幸福マインドで今ココを生きる diary

肉体的せかいのおわりを乗りこえる方法 幸福を科学ではなく実感するチャレンジ イエスをメシアと信じることから始まる平安体験の探求と気づきメモ by Davi Blackstone

何事も急いては事を仕損じる

『急いては事を仕損じるとは、何事も焦ってやると失敗しがちだから、急ぐときほど落ち着いて行動せよという戒め。』という意味ですね。

急いては事を仕損じる - 故事ことわざ辞典

急がば回れ」といわれます。
言い回しから間違って受け止めている人も多いようですね。本体の意味合いは『急がば回れとは、急いで物事をなしとげようとするときは、危険を含む近道を行くよりも、安全確実な遠回りを行くほうがかえって得策だということ。 』で、『「一度しか行ったことがない場所だから、少し遠回りになるが知っている道を行くよ。近道もあるのはわかっているが、急がば回れというからね」 』という言い回しで使うようですね。

急がば回れ - 故事ことわざ辞典

また、「段取り八分仕事二分」ともいわれますね。
確かに、どうしようという不安といつまでにという締め切りのプレッシャーで焦る気持ちはありますが、だからこそ、物事を整理整頓して、カードの並べ替えを行って段取りをしっかりやっておきたいモノです。

「どんなときも大丈夫」というマインドが持てれば、焦りに取り憑かれて振り回されることにはならないですよね。

大丈夫の根拠をどこに持って生きていくかが信仰・信念のキモなのですね。