読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の幸福マインドで今ココを生きる diary

肉体的せかいのおわりを乗りこえる方法 幸福を科学ではなく実感するチャレンジ イエスをメシアと信じることから始まる平安体験の探求と気づきメモ by Davi Blackstone

座って半畳、寝て一畳、天下とったり四畳半

人が生活するのに、どれくらいのスペースが必要なのでしょうね。

また、人はどれくらいのスペースが幸せを実感できるのでしょうか?

味わっていく世界なので、「これだ!」という答えは無い話なのかも知れませんね。

「ゲームの最後には、キング(王)もポーン(歩)も同じ箱に入る」

チェスの駒を例えたフレーズだそうです。将棋でも同じですね。

考えて見れば、立場や氏素性が違っても、肉体を離れたら行くところは同じですね。

栄華を極めたと言われるソロモン王でも、「すべて空なり」という言葉を遺したのです。

考えさせられますね。

ステキな空間を自分のモノにする努力や希望は必要だと思います。

豪邸に住みたいと思えば住んでみれば良いし、高級車に乗りたければ乗ってみればいい訳です。

大切なのは、理想という名の幻想に振り回されないことだと考えます。