読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の幸福マインドで今ココを生きる diary

肉体的せかいのおわりを乗りこえる方法 幸福を科学ではなく実感するチャレンジ イエスをメシアと信じることから始まる平安体験の探求と気づきメモ by Davi Blackstone

年齢を感じる時

「年甲斐もなく」なんて、言われちゃうこともありますね。

自分で、実年齢に照らして、疑問を感じたり、決断を躊躇する時など、口にしたりしますね。

一方、実年齢の割に、活発に行動する人に対する、羨望で口にしたりしますよね。

結構、ユニークなのが、車に同乗している高齢者が、車外で歩いている人を見て、「年寄りは危ない」なんて、当人と同年齢が自分より若いくらいの人に対して発したりしていますね。

それを聴いている家族は、「同じくらいの年の人でしょ」とか、突っ込みを入れるのですね。

「自分のことは棚に上げて」「年甲斐もなく」なんていわれますが、当人は、年齢をいつも意識して生きていない現実があるのでしょうね。

年齢を意識する時は、新年を迎える時や誕生日、書類に生年月日を記入する時などくらいでしょうか。

まあ、いつも気にしていたら、それはそれで、疲れるかも知れませんね。