読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の幸福マインドで今ココを生きる diary

肉体的せかいのおわりを乗りこえる方法 幸福を科学ではなく実感するチャレンジ イエスをメシアと信じることから始まる平安体験の探求と気づきメモ by Davi Blackstone

苦しいときは・・・。

「苦しい時は急ぎつつ待つ姿勢が必要」とは、週刊SPA佐藤優のインテリジェンス人生相談に出ていたフレーズです。

苦しい時は、あせる人が多いのではないでしょうか。

私もそうです。そういう時は、感覚的に八方ふさがりに感じるからかもしれません。

急ぎつつというのは、方向性を合わせながらということなのでしょうか?

待つというのは、風向きが変わるタイミングをということでしょうか?

この逆行する感じは、苦しい時こそ、心の余裕が必要だということのようですね。

なんとも、わかったようなわからないような感覚です。

このフレーズを思い巡らしてみようと思います。