読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の幸福マインドで今ココを生きる diary

肉体的せかいのおわりを乗りこえる方法 幸福を科学ではなく実感するチャレンジ イエスをメシアと信じることから始まる平安体験の探求と気づきメモ by Davi Blackstone

宝になるステップ2

どうすればよいか?

 

ですね。

 

「責任者」が見つからない限り、解決しないということを基本にして考えるコトにしています。

 

「自責」ですが、単に自分が責められている感覚、被害感情という要素もありますので、その場合、自分には責任をとる立場にいないと考えればよいでしょう。

自分が発した言葉や行為によって、トラブルが起こったなら、その歪みを直すために、謝るなりすることが必要かもしれません。

 

それらを未然に防ぐために大切なこと「範囲の切り分け」と「私メッセージ」ですね。

「範囲の切り分け」とは、自分の範囲は自分の意思でコントロール可能、相手の範囲はコントロール不可能ということ。

「私メッセージ」とは、私の意思から発する言葉「私はこう思う」「私はこう考える」という、相手をコントロールしない言葉の使い方です。

 

案外、「範囲の切り分け」あたりから、客観性の意識が身につき、自責および他責から、解放される分岐点になるように思います。

 

さらに・・・。