読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の幸福マインドで今ココを生きる diary

肉体的せかいのおわりを乗りこえる方法 幸福を科学ではなく実感するチャレンジ イエスをメシアと信じることから始まる平安体験の探求と気づきメモ by Davi Blackstone

いのちという宝船に乗って

朝日新聞 be版にコラムを連載している日野原先生は105歳になられるのですね。

最近は、車いす生活のようで、階段を2段ずつ駆け上っていた時と比べて、少しコンディションの変化もあるようなのですが、お年のことを考えるとお元気そのもののように感じます。

105歳になられる心境を「いのちという宝船に乗って…大海原での航海を続けている。」と書いておられました。

 

確かに、人生には嵐がつきものですし、いろいろなコトがあり、様々な場所に旅をするというイメージから、航海という表現はピッタリという感じがします。

 

私は「肉体自分丸」の船長として、何歳まで天寿があるか?わかりませんが、一日一日を大切に、船主である創造主と語り合いながら、エンジョイしたいと考えています。

 

生かされていることが、すでにお宝なのですね。これに、さらにいろいろなコトが増し加わるのは、ステキですね。