読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の幸福マインドで今ココを生きる diary

肉体的せかいのおわりを乗りこえる方法 幸福を科学ではなく実感するチャレンジ イエスをメシアと信じることから始まる平安体験の探求と気づきメモ by Davi Blackstone

人生は、まさに「旅」ですね

人生は、毎日毎日、海外に行かなくても、旅をしているようなものですね。

同じような日常だけど、全く同じ一日はないのですからね。

たまに、同じような日常を抜け出して、どこか別の所に行きたくなりますけど。

どこに移動しても、「私は私」なのですが、吸う空気や肌感覚が、気分を変えてくれるかもしれません。

「旅行家」という職業をはじめて名乗った藤原感市さんが、佐々木蔵之介さんとの対談をしていました。

その中で
「黒い地平線があらわれると、空がすべて星になった」
という表現をしていらっしゃいました。

「オーストラリアの砂漠での体験。360度地平線で、おそらく半径100kmには人はいないであろう地点で、コワいけどなぜだか気持ちは落ち着いた。自分は星の上にいて、空はすべて星だったんだ。空は宇宙だったんだ。」

そして、「そこに扉があった」と語っていました。

彼は、旅をしてきた事によって「自分に必要な事を体験してきた。」とも言っていました。

今は、iPhoneを持って近所の公園で、小さな自然を見つけて撮影されているそうです。

藤原感市さんのiphone写真ギャラリー
http://www.kanichiphoto.com/#!iphone-pic-01/c141d

肉体的生命の余生と永遠の生命の一日を「旅」している私にとっても、非日常をイメージするきっかけになりましたし、身近な日常の中の幸せを見つけて喜んで行きたいと思いました。