読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の幸福マインドで今ココを生きる diary

肉体的せかいのおわりを乗りこえる方法 幸福を科学ではなく実感するチャレンジ イエスをメシアと信じることから始まる平安体験の探求と気づきメモ by Davi Blackstone

人の口に戸は立てられないですよね

だれでも常に評価や批判される目に取り囲まれていますね。

あなたを大切に思ってくれている人の意見であっても聴くのが辛いときもあるのでしょうから、批判や非難に類するモノは耐え難いほど傷つきますよね。

 

自分が人の行動に対して感想を言うときも気をつけたいモノです。

 

怒りをぶちまける人の側にいた日は「最悪」なんてつぶやきたくなるかもしれませんよね。

 

自分の立場だけを守ろうと何でも他人に責任を押しつける人もいますしね。

パワハラ的なアプローチがあった場合、屈辱感に耐えて嵐が静まるのを身を低くしてやり過ごした人も多くいるでしょうね。おそらく怒りに震えて眠れなかった夜もあった事でしょう。

 

怒りや批判が自分に向けられているときに、自分に否があるのか?発言などで人を傷つけていなかったかなど思い巡らせます。

その原因が自分の中に見当たらないとき「これはあの人の問題なんだ」とつぶやいて自分の気持ちをおさめるようにしています。

 

でも、それだけではナカナカ気持ちというヤツはおさまりませんでしたね。

気持ちの整理の習慣とその裏付けが大切だったんですよね。