永遠の幸福マインドで今ココを生きる diary

肉体的せかいのおわりを乗りこえる方法 幸福を科学ではなく実感するチャレンジ イエスをメシアと信じることから始まる平安体験の探求と気づきメモ by Davi Blackstone

違和感が差別にならないために

「みにくいあひるのこ」というお話があります。 アヒルの巣に生まれ出た白鳥の雛が、外見が違うことで、いじめられて途方に暮れ、やがて、白鳥の群れに合流するという童話です。 白鳥と言えば、鳥の中でも美しいとされるのですが、アヒルの中では違和感が強…

永遠に揺らぐことがない

『正しい人は永遠に揺るがされることがない。しかし、悪しき者は地に住むことができない。(箴言10:30新改訳聖書2017)』 「正しい」というのは、思い込みではなく、創造主である神が何を持って「義」とするか否かの基準が示されています。 『しかし、人は律…

「十人十色」と頭ではわかっているけれど

「血液型で性格がわかる」などという、シンプルな分類があります。 でも、大まかな分類に過ぎません。一人一人、十分個性的ですね。 顔かたち、体格など似ている人は多くいますが、どこか違うのでしょうね。 DNA(遺伝子情報)のレベルでは、親子でも似てい…

「ありがとう」と「すみません」が

「ありがとう」と「ごめんなさい」が適切に使えたらよい人生がおくれると聞いたことがあります。 コミュニケーションで、これほど大切なメッセージはないのでしょうね。 「有り難い」ことに対する感謝と、自分が至らなかったことへの謝罪が、時と場合にピッ…

新発見と言ってみても実は・・・

『「これを見よ。これは新しい」と言われるものがあっても、それは、私たちよりはるか前の時代にすでにあったものだ。(伝1:10新改訳聖書2017)』 怪魚ハンターという肩書で活動している方もいるようですね。 そのような方が、深海魚などを釣り上げると、未…

世界最強の闘犬も怖がる相手とは?

youtu.be 外見は迫力満点ですね。 でも、繊細な部分もあるようですね。 同居している猫ちゃんにスゴく気を使っていて、自分をじっと見つめている猫ちゃんを横目に見ながら片足を上げて固まってしまいます。 人間でも、「体が大きい人は気が小さい」と言われ…

罰よりも再犯の方向から転身することが大切

違法行為をしたら、刑事裁判があり、刑罰に服するという流れがあります。 文化的背景で、「恥」とか「罰」などが根強くある地域もあります。 民衆の興味を引くのが「罰」なのだそうです。 でも、死刑以外ならば、その人は、寿命の限り生き続ける必要がありま…

掟は破るためにこそある

最近公開された映画のサブタイトルだそうです。 掟というのは、権力者が民を縛るために用いられた時代もありました。 現在の憲法は、権力者を縛るためのニーズが強いようです。 その憲法を権力者の都合でどうにでもしてやれと考えるとどんな世の中になってし…

しても良いと判断する根拠

幼稚園児は「〇〇くんがいいって言った」とか「先生がいいって言った」という根拠でしょうか? 法律のスキマ、いわゆるグレーゾーンの判断は、道徳ルールなのか、慣習ルールなのかを考える必要がありますね。 「悪口を言ってはいけない」というローカルルー…

ガッカリすると頬が下がる感じになる

ほとんどの人が「ガッカリ」した経験をもっているでしょうね。 そんな時、どのような表情になりますか? 筆者の場合は、オーバーに表現すれば、頬の筋肉が弛緩して制御不能になります。 呆れるほどガッカリなら「開いた口が塞がらない」という言葉のように、…

まず聞いて欲しい顧客と聞くのは最小限にしたい店員

最近は、製品について問い合わせをするにも、まずコンピューターが対応し、電話機を操作して目的の担当者にたどり着かなければならなくなりました。 これが結構ストレスですね。 自分が問い合わせしようとしている内容と提示されるメニューがナカナカ一致し…

星の数を定めて名前をつける

『主は星の数を数えそのすべてに名をつけられる。われらの主は偉大であり力強くその英知は測り知れない。(詩篇147:4-5新改訳聖書2017)』 多いという形容は、「星の数ほど」とか「浜辺の砂のように」などがあります。 夜空を見上げても、「満天の星だあ」と…

ウマすぎて悶絶するリス

youtu.be なにか混入されていたのでしょうか? リスが何かを一生懸命ムシャムシャ食べています。 よほどおいしかったのでしょうか? 仰向けに倒れ込んでしまいます。 小さな子どもの場合は、美味しい食べ物を眼の前にしながら、睡魔に襲われて、寝落ちしてし…

信仰者の行く末は?

『【主】への恐れは日数を増やす。悪しき者の年は短くなる。(箴言10:27新改訳聖書2017)』 創造主である神に敬意を払うこと、その御心を受け入れることが、信仰者の基本姿勢です。 もし、そうするならば、「日数を増やす」と記されています。 でも、実際に…

金よりも 黄金よりも 真珠よりも

『金ではなく、わたしの訓戒を受けよ。選り抜きの黄金よりも、知識を受けよ。知恵は真珠にまさり、どんな喜びも、これとは比べられないからだ。知恵であるわたしは賢さを住まいとする。そこには知識と思慮がある。箴言8:10-12(新改訳聖書2017)』 箴言に収…

グローリア・イン・エクセルシス・デーオ

「Gloria in Excelsis Deo!」とラテン語では綴るそうですね。 これは、「いと高き所では、神に栄光があるように、地には平和があるように」という意味があります。 賛美歌に「荒野のはてに」というものがあります。 そのコーラス部分が、「グローリア・イン…

男の器量

男性の肝臓は、一生で約500kgのアルコールを処理することができるのだそうです。 もちろん体格差や性能差がありますから平均的な数値のことですね。 これを80年で割ると、毎日おちょこ一杯分くらいでしょうか? お好きな方には、到底ストップできない量でし…

同時代の人間には読めないです(¯▽¯)

知人とのやり取りです。 その結論部分にタイトルの一文がありました。 その通りなのですね。 イエス・キリストが赤ちゃんとして誕生した約2000年前のベツレヘムでは、羊飼いやメシア預言を歓迎する人は喜びに満たされましたが、その時に権力の座に座っていた…

愛とは何だ

「愛」について、まずは、「アガペー(ギリシャ語で神の愛)」です。 これは、御子であるイエス・キリストを世に遣わし、十字架上で全人類の罪科を支払い完了にすること人が「自分の友のためにいのちを捨てること、これよりも大きな愛はだれも持っていません…

トランポリンが気に入った羊

youtu.be 羊は、結構、好奇心旺盛だそうです。 この動画のように、トランポリンにソロッとのって、感触を確かめたり、大丈夫だと感じると、大胆に飛び跳ねたりするのですね。 羊のまねして、健康のためにトランポリンをやってみたくなりましたね。 一日10分…

今日の星空は何年前の光だろう?

被造物である人間には、自分で動き回れる範囲をイメージするのが限界なのかも知れませんね。 最近は、様々な情報が公開されていて、宇宙空間の星雲や惑星などがあるということはわかるようになってきたのです。 でも、多くの人間には、裏付けをとる手段があ…

語呂合わせ 人の気持ち

「1129」をみて、何と語呂合わせをしますか? 食い気のある人やお肉屋さんは「いい肉(にく)」でしょうね。 よいことが起きて欲しいひとなら「いい福(ふく)」でしょうか? 乗用車のナンバーも希望番号が選べるようになってきて、「1122(良い夫婦)」とか…

卵を食べている人は元気な人が多いかも

「卵には、コレステロールが多いので、食べ過ぎには注意しましょう。」などと、聞いた記憶があります。 でも、実際は、卵は完全栄養で、コレステロールを分解する成分まで入っているそうです。 元気で長寿である人は、多くの卵を食べているようです。 それも…

愛と憎しみ

「愛する」の反対は何か? 「好き」の反対は? などと、難問が来るのですが、「好き」の反対は「嫌い」よりも「無関心(興味の対象ではない)」ではないでしょうか? 人間は不思議なモノで、「大好き」と先ほどまで言っていたのに、「大っ嫌い」なんてしょっ…

大きなお腹には何が詰まっている?

60代の男性が、最近、周囲の人にも「何がお腹に入っているの?」と聞かれるほど、お腹が大きくなってきたそうです。 奥さんに「妊婦さんのしんどさがわかるようになってきた」と言ったそうです。 そうすると「妊婦さんのお腹に入っているのは希望、あなたの…

人生七味とうがらし

『私は言います。御霊によって歩みなさい。そうすれば、肉の欲望を満たすことは決してありません。肉が望むことは御霊に逆らい、御霊が望むことは肉に逆らうからです。この二つは互いに対立しているので、あなたがたは願っていることができなくなります。御…

製氷機がら白いシッポが

youtu.be 2018年の日本は、多くの地域で高温になったり、ある地域では、線状降水帯が出現したりと、異常な気象でした。 こんな厚さが続けば、少しでもひんやりした場所を探したくなるのが生きものかも知れませんね。 この動画は、どこで撮影されたのかわかり…

寿命は、人間にはわかりません

『私たちの齢は七十年。健やかであっても八十年。そのほとんどは労苦とわざわいです。瞬く間に時は過ぎ私たちは飛び去ります。(詩90:10【新改訳2017】)』 日本では、平均寿命は80歳を超えてきましたね。 聖書のタイムテーブルによれば、最初の人間であるア…

「これからが、これまでを決める」

高山別院に掲げられていた真宗大谷派の高僧の言葉だそうです。 最近の風潮は、「一度失敗するとダメ」という感じで、ナカナカ怖くて一歩が踏み出せない人も多いのではないでしょうか。 まるで「これまでが、これからを決める」という洗脳にかかっているよう…

自分の人生に於いて自分が主役ではある、が

『わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。だから、わたしは人をあなたの代わりにし、国民をあなたのいのちの代わりにする。(イザヤ43:4【新改訳2017】)』 「私は世間的には脇役で、主役なんてとてもとても」と思っている人が、…